生え際に効果「ポラリスnr10」

ジヒドロテストステロンを抑制し、血流活発

最近では、男性だけでなく女性も薄毛に悩まされているとよく効きます。女性の場合だと、頭皮残体が薄くなるため、びまん性脱毛症が多いそうです。原因はストレスや老化、栄養不足など様々なことが指摘されています。

 

男性の場合は、生え際の前頭部や頭頂部がイチジルシク抜けやすく、側頭部や後頭部の影響は少ない。この原因として大きく関係してくるのが酵素である5αリダクターゼになります。

 

もともと、5αリダクターゼは男性の頭皮にそなわっていますが、この酵素だけでが抜け毛の原因になるわけではありません。25歳以降により男性ホルモンの一種であるテストステロンが増加することで、5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンに変わり、これが要因で抜けてしまうわけです。

 

年齢の影響でテストステロンが増えることは仕方がなく、この部分を抑制することができず、5αリダクターゼと結合を止めてくれるのが「プロペシア、フィンペシア、エフペシア」の成分であるフィナステリドになります。あくまでも、抜け毛の進行を止めるだけで、ここからがミノキシジル配合のポラリスnr10の効果になるわけです。

 

今までは、ジヒドロテストステロンの影響で毛包みが収縮していた分を回復させて、この空いた部分に栄養を与えるのがポラリスnr10の役割になります。そのために、頭頂部だけでなく、生え際の部分にまで効果を与えてくれるわけですね。

 

抜け毛を予防し、新しい髪をはやすには、フィナステリドとミノキシジル、この二つの成分が必要になります。

 

ページトップへ