ポラリスnr10で攻撃的な効果を

フィナステリドで抜け毛防止、ミノキシジルで発毛効果

ポラリスnr10に含まれている「ミノキシジル」という成分は、他にも「リアップ、ロゲイン、カークランド」など日本だけでなく、世界的にも有名な発毛剤に含まれています。その中でも、ポラリスnr10は16%も含まれているところが魅力的で、そして効果も一番高くなります。

 

しかし、実際問題として、ミノキシジルがどのような構造で発毛効果があるのでしょうか?
この部分をまず理解したうえで、利用していくことが重要になると思います。

 

まず、トップページでも、少し説明をしたんですが、
私たちが抜け毛に悩む大きな原因としては男性型脱毛症が大きく関係してきます。

 

よくよく、遺伝などが言われますが、これも男性型脱毛症が原因で、「男性ホルモン、5αリダクターゼ」などが、祖先から受け継ぐことで、ホルモン(ジヒドロテストステロン)が髪の根元である毛包みを収縮し、そうすることで、抜け毛になってしまいます。

 

根元の部分である毛包みは、毛母細胞など頭皮の血流と結合することで、血管から流れてくる栄養分を吸収することで、髪が生活をすることができるのですが、ホルモンの影響により、収縮することで、栄養分が伝わらなくなり、結果的に抜けてしまいます。

 

この収縮している分を改善するのがフィナステリドの効果になり、その空いたスペースに血流から活発に栄養分を与えるのがミノキシジルになるわけですね。

 

フィナステリドの場合は、男性型脱毛症に効果はあるといわれていますが、あくまでも「防止」するだけで、これ以上抜け毛の量を減らすだけの効果になります。ここに、ミノキシジル配合のポラリスnr10を併用して使うことで、増毛の効果がプラスされるために、今までの悩みを改善してくれるという構造につながるわけですね。

 

ページトップへ