抜け毛の原因

ストレスやホルモンが抜け毛に関係している

抜け毛の量が多くなったのかを理解してから育毛剤を選ぶことも大切になると思います。

 

たとえば、AGAの半分以上の男性に多いといわれていますが、原因としてはホルモンが関係しているとされています。男性脱毛肌性ホルモンが深く関わっていますので、年齢やDNAの影響で、抜けやすい髪になります。

 

そのために、フィナステリドが含まれてい医薬品を服用することで効果が期待できます。

 

それから、毛乳頭は頭皮の毛母細胞からの栄養を吸収し、補給することで、血管が収縮したり、流れる血液の質が低下すると、毛細血管の隅々に新鮮な血液が行き届かないために、髪の成長が衰えてしまうことになります。

 

そのために使いたいのがミノキシジル配合の育毛剤になりますね。

 

それぞれにあった原因を和らげるために育毛剤や医薬品を使うことが重要になりますね。

 

 

ただし、ストレスなどが原因で抜けやすい髪になる場合は、育毛剤や医薬品では対処できないために生活を改めることが重要になります。

 

自律神経によってコントロールされていますので、自律神経がバランスを崩し、体のあらゆる臓器や器官が不調になる可能性が出てきます。毛細血管や毛乳頭ももちろん例外ではありませんが、普段からの生活環境を自分にとってバランスよく整えておくことが重要になるかと思いますね。