ヘアサイクルについて

抜け毛の量とヘアサイクル

髪のヘアサイクルについて、髪が一本抜けることで、次に新しい髪の毛が生えてきます。

 

これをヘアサイクルと呼び、成長期では、毛根で毛母細胞が活発に活動し、髪の毛を作り出します。成長期は4〜6年が一般的と言われていますが、もっと長い人もいれば、短い人もいます。

 

成長期では1日に0.3〜0.5mmずつのび、伸びるスピードは1ヶ月で平均1.2cm。成長期が終わると次は退行期に入ります。退行期は2〜3週間と短く、この間に毛乳頭から指令で毛母細胞は活動をストップ。髪の毛の成長も泊まる。

 

退行期の後はおよそ3ヶ月の休止期にはリウ。休止期になると、毛根の深さが浅くなり、その億では毛乳頭の指令により、毛母細胞が再び活発なサイボウが乱れやすくなり、一本の髪の毛は抜け落ちてしまう。

 

要するに、この部分は外から見ると、ハゲテイル部分になるんです。

 

基本的に1日に平均して100本程度の抜け毛は大丈夫と言われていますが、これ以上抜けると、注意が必要です。もし、毎日のように、抜け毛の量が多い場合は、ミノキシジルやフィナステリドなど、ヘアサイクルを正常化してくれる育毛剤を使うことが重要になりますね。

 

ページトップへ